炭火生存日記

しぶとく生きるためのブログ

日本らしさ、自分たちのサッカーという虚構

唐突な書き出しになりますが、自分たちのサッカーとは何なのでしょう。

日本らしいサッカーとは何なのでしょう。

 

いまだに、このような曖昧模糊な言葉について、公的な定義は与えられていません。

ゆえに、どの程度定義を満たしたのか、あるサッカーがどの程度理想とされる日本らしさに漸近しているのかはわかりません。そもそもピッチ上においてどういった現象がみられることが日本らしさなのかは全く検証されていません。

よって、ゴールや目標、理想とされる形がないのでできるわけがありません。

 

4年前のワールドカップで、最終試合に監督に離反する形で「自分たちのサッカー」を行ったことは記憶に新しいと思います。そして、玉砕上等のコロンビア戦で、2軍の相手に文字通り玉砕しました。万が一もう一度やれば勝てるとか、紙一重の差であったとか、十分に南米相手にも撃ち合えたといった希望ある敗北ではなく、屈辱と圧倒的な実力差に打ちひしがれたのが前回大会の経験だと私は思っております。見ていた側としても絶望したくなるほどの敗北でしたから、当時ピッチに立っていた選手としては、正直なところ思い出したくないレベルのトラウマか、二度と忘れられないほどの屈辱として間違いなく刻まれたものと思っていました。

もしあのコロンビア戦で、「自分たちのサッカーは間違っていない!」という感触を得たのであれば、イライラを通り越しておぞましいです。どこに希望を抱く要素があったのかさっぱりわかりません。

 

そうした屈辱的な敗北を糧に、日本サッカーが強くなるために進む道は二つあったと思います。

一つは、ボールを保持するうえで何が足りなかったのかを突き詰め、そのための人材を一から育成し、ボールを保持するための道を邁進するルートです。つまり、何年かかってもよいので、ボールを保持することを日本らしさの前提としてその道を極めるということです。

例えば、広域を守れて、あらゆるシュートに対応できる強さと柔軟さを持ったGK・運ぶドリブルや中長距離のパスを両足で展開できて遜色なく守れる強靱なCB・相手のプレスを回避するために臨機応変な位置取りとドリブルができて速いパスを迷いなく通せるSB・中盤の空きスペースを管理しながらターン・ドリブル・囮の動きで味方を助けられるMF・狭いエリアで躍動するのみならず、強いシュートも打てるMF・相手を理不尽にえぐりつつ利他的でスピードのあるドリブラーに、強靱な相手を弾き飛ばせる力と繊細さを両立したFWなど、全ポジションが技術の上でも頭脳の上でも不足しています。特にひどいのは守備陣全般でしょうね。

それでも、現実を理解し、ボール保持を極める方向に舵を取ると決めたのであれば、個人的にはまだ理解できます。結果この道には進みませんでしたがね。

 

4年前の日本が選んだのは、自分たちが中二病を患った青二才だと理解し、海外の先進的な教えを学ぶこと、ひいては今までやらなかったサッカーを4年間してみることで「日本人らしさ」を中身を追求する方向でした。

実はまだこの時点では相手の良さを消すサッカーを試したことしたはなく、「ボールを保持するのが日本人らしさに決まっている」とほざいていたわけです。本当にただの中二病ですね。

よって、今回のロシアの結果次第では、やはり日本にはボール保持しかないという展開になる可能性もありえたわけです。その段階で決定したほうがむしろ正常です。ボール保持以外を試してみたけれど今一つうまくいかなかったということも、世界に追い付くには必要な失敗ですからね。

しかし、今回の相手の良さを消す試みも、よかったのかが明かされることなく終わりを迎えました。これでボール保持しかないと説明できるわけがありません。選手が納得しなかったなど何の言い訳にもなりません。

また4年間を日本サッカーはドブに捨てました。主要な大会での攻守のかみ合わない内紛はもはや5度目です。内紛こそが「日本らしさ」だったという何とも笑えない形で日本らしさをまざまざと証明しました。

 

書きなぐりのような形になってしまい申し訳ありませんが最後に一つだけ。

自信を持つことはよいことだと思います。ただ、殊にボール保持に基づく自分たちのサッカーを支える成功体験とはいつの何なのでしょうか。ザック期のフランス戦・アルゼンチン戦はそもそもボールを保持していませんし、コンフェデは惨敗しています。本大会もしかりです。親善試合こそ片鱗は見せましたが、守備陣に押し付けられた尻ぬぐいは最後までいびつな形で残り続けました。

いつ成功したのでしょうか。いついけるという確信を得たのでしょうか。

 

そんなターニングポイントがないのに、原点といわんばかりにひたすらに何度も虚構に回帰しようとするこの姿は、本当に恐怖です。何がここまで選手たちを自分たちのサッカーへ駆り立てるのでしょうか。

 

 

karyokuhusoku.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

日本サッカーが死んだ日

dialog-news.com

 

2018年4月9日をもって、日本サッカーは暗黒期に突入しました。

 

ハリルホジッチ監督が成績不振を理由に電撃解雇されました。

これにより、今後最低20年、日本サッカーが悪化することはいくらでもあれど、好転することはないでしょう。

 

新入社員が様々な場所で勉強し続けるよう強く言われるこの時期に、サッカー協会というお偉方がまさに何の学習もしていないこと、学習する気も方法もないことが完全に世界中に露呈したからです。突然変異のように才能あるサッカー少年は今後もわずかに出てくるでしょうが、1人でできることなど限られていますし、そもそも日本でよい指導者には巡り合えません。ガラパゴスをどこまでも極め、しばらくゆるく衰退することはほぼ確定したと思って間違いないでしょう。

 

本日は、悪化する理由を記述していきます。というより、好転する要素が何一つありません。

 

目次

・時期が最悪

・評判がた落ち

・監督候補者不在

・有望株のサッカー離れ

・まとめ

 

・時期が最悪

まず、ワールドカップの2か月前という時期が最悪です。この時期の監督解任は、本大会で躍進を狙うチームではまずありえません。加えて、本大会の結果がどうであれ、この4年間してきたこと、積み上げてきたはずのことを振り返ることが不可能になります。

ただでさえ、この4年間はブラジルでの惨敗の振り返りも曖昧にしやがったのみならず、アギーレ監督の八百長問題で代表はすでに一年を棒に振った状態でした。つまり、もし本大会までハリルホジッチ監督で臨み、結果敗れたとしても、

 

1. ハリルホジッチ監督に4年間を用意できなかったから。

2. ハリルホジッチ監督の策が悪かったから。

3. ハリルホジッチ監督の策はよかったが、選手がそれを実行できなかった。

4. ハリルホジッチ監督の策はよかったが、相手がそれ以上に良かった。

5. コンディション調整に失敗し、そもそも100%ではなかった。

 

など少なくとも5つの要因が考えられます。おそらくもっとあります。アギーレ監督で足踏みをしたことで結果1の可能性は最後まで分かりません。これ自体そもそも協会のミスであり汚点です。しかしながら、このまま本大会に挑めば、2~4の仮説についてはとりあえず検討はできました。それも今となっては不可能です。相手の長所をつぶすサッカーが世界の舞台で通用したかどうかはもはやわかりません。検証のしようがないのですから。

今回のワールドカップは何一つ残りません。選ばれた選手の経験も残念ながら何一つ引き継げません。交絡要因が多すぎて、何が良くて何が悪かったのか誰も検証できないからです。そして、検証が不十分であれば同じ轍をまた踏むでしょう。

4年間をドブに捨てるとはこのことです。並みの営利企業なら解雇でしょうね。

 

・評判がた落ち

さらに悪いことに、この恥ずかしいニュースはすでに全世界へ流れてしまいました。万が一たとえ今からハリルホジッチ監督の猛抗議で覆ったとしても、解任しようとした事実は消えません。

そもそも、ハリルホジッチ監督は中途就任でありながらアジア予選を首位で突破しています。継続のための定期試験は主席で通過しており、予選での敗北は日本のことをよく知っておらず相手が入念に対策してきたUAE戦のみです。親善試合は何の参考にもなりません。何が何でも勝利が必要な本気の試合ではありません。よって、さらに悪いことに、「実績に問題のない監督をワールドカップ直前に解任した国」として他国に知られてしまったことになります。

もともと日本は有望監督がこぞって集まる国ではありません。言い方は悪いですが、欧州で終わったとされる監督が流れ着く極東の国です。また、ダイヤの原石が強くきらめく国でもありません。それにもかかわらず、要求は異常に高いのです。具体的には、

 

1. ワールドカップで指揮経験あり(可能ならベスト4)

2. 日本人の長所を発揮してくれる(揉めない)

3. 新戦力を積極的に起用

4. 親善試合でも全力で勝利

5. 日本が出せる予算で納得してくれる(数億程度、代表監督では安め)

( 6. ゾーンディフェンスなどの欧州スタンダードを短期間にやさしく浸透してくれる)

 

こうして並べてみるといかにあほらしい要求かわかります。ちなみに本大会で失敗するとキャリアに傷がつきます。今回のような理不尽な解任を受ける可能性も新たに浮上しました。逆にメリットは何でしょうか。テロリズム等とは現状無縁な生活はできそうです。

まず3と4で矛盾していますし、2は具体的な部分が何一つ整備されていません。今やブラジル代表のほうが間違いなく勤勉で組織的で粘り強いです。日本らしさとは何でしょうか。日本人でもわからないものをどうしてビジネスで訪れた外国人が理解できるのでしょうか。そして、本大会で勝つことと4は矛盾します。対策されやすくなりますからね。

これだけのマイナス要素があってなお日本に来る監督は、もはや訳あり人材だけでしょう。アギーレ監督も真っ青の経歴を持つ監督ぐらいでしょうかね。そんな人がそもそもいるかはわかりませんが、今回の一件で「日本はアフリカ並みの理不尽な国」として監督間のネットワークで共有されたことでしょう。これが払しょくされるには10年はかかるでしょうね。

 

・候補者不在

まだまだ海外から学ぶことは豊富にあるので、個人的には外国人監督が良いとは思うのですが、上記の理由でもう優良株は来ないでしょう。

かといって、日本国内に有望な監督はいません。風間監督とかありえません(笑)

J2には何人か興味深い監督はいらっしゃいますが、本大会の経験がない以上ザッケローニ監督の時と同様に、本大会で丸裸にされるチームになる可能性も高いです。加えて、日本人監督はそもそもやりたがらないでしょう。はっきり言って代表監督は割に合いません。

まともな監督であればあるほど、日本が本大会で勝てる可能性が高くないことはわかっています。そして、負けた時にどうなるかもわかっています。親善試合で負けることで家族が脅迫される可能性もあります。そんな怖い賭けはまずできないでしょう。もし実力の十分な日本人監督がいたとしても、易々と首を縦に振ることはできないでしょうね。

要するに、やる人がいません。断れない若手監督に育成と称して押し付けるのではないでしょうか。

 

・有望株のサッカー離れ

こうした現象を受けて、日本サッカーにポジティブな印象を持つ子供は減るでしょうし、いい印象なわけがありません。良い指導者の教えを受けられる機会も減少するわけですし、何一ついいことがありません。

本当に誰が得するんだよ…

 

・まとめ

JFAが日本サッカーを弱化させるために作られたなら今回の手口は満点です。1%でも勝率を下げたいと心の底から願っているのでしょう。

ポケモンで例えるのなら、努力値や特性をもとに、相手の手持ちをよく研究して弱点を突く人間を解雇して、地割れダグトリオと吹雪スターミーで勝てると心から信じている人間を代表に据えて世界大会を戦うようなものです。その行動をしながら「勝つために最善を尽くした」とほざいています。

本当に無能な働き者は恐ろしいですね。そして、勉強をやめ、保身に走ることはもっと恐ろしいですね。

 

関連記事

 

karyokuhusoku.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

東アジアカップの雑感と名古屋グランパスの昇格

こんにちは。火力不足です。

 

Jリーグの全日程が終了し、移籍市場に動きが見られたことで改めて昇格した実感を得られました。正直試合が終わった当日はまだ実感がありませんでしたからね。

そして、かつて応援したものとして一年で復帰できて本当に良かったと思います。スタートラインに回帰しただけではありますが、選手編成・クラブの将来・膿出し・SNSを用いた効果的な宣伝の拡張など、J2を経験したことによる結果論での成功はいくつも得られました。

だからと言って、他クラブもJ2で修行しろなんて口が裂けても言えませんがね。クラブの営業努力、選手やスタッフの徹底があって初めて為し得た昇格だったと思います。

 

ただ、残念ながらこのままの路線を貫いても、ACLの制覇は極めて難しいでしょうし、名古屋から世界へ羽ばたく選手が出てくることはほとんどないでしょう。昨日を含めた東アジアカップでの川崎勢の選手の振る舞いを見れば大方予想ができます。ガラパゴスな選手として日々を過ごしてしまうのは個人的にはあまり気分の良いものはありません。勿論、サポーターとして国内でずっとプレーしてほしいと考える方もいらっしゃるはずなので、ここは個人の考えということになるのでしょう。

 

本日は、東アジアカップで感じたことを記すとともに、それが名古屋に及ぼす影響について考えることを目的とします。

 

続きを読む

因果が巡った昇格プレーオフ ー名古屋グランパスvsジェフユナイテッド千葉ー

こんにちは。火力不足です。

 

昨日J2の昇格プレーオフが行われ、名古屋グランパスジェフユナイテッド千葉に4-2で勝利しました。

 

この試合の感想を一言で言えば、個人的には「因果は巡る」です。2週間前、豊田スタジアムでは、名古屋をリスペクトしてできることを完遂した千葉が (運や審判を味方に) 完勝しました。そして昨日は役者が逆だっただけにすぎないと思います。千葉を強者として研究し、3バックやプレス回避のロングボールを併用し、左SBの比嘉選手を攻守ともにタスク過多に追い込んで機能不全を起こし、千葉が自信を持つハイラインのリスクを見事に突きました。そして (運や審判を味方に) 完勝しました。

だからこそ4-2というスコアで終わったと思います。前回の対戦で3-0という差がついたように今回も差が付きました。個人的には、1-1や2-1といった、疑惑と不満に満ちたスコアで終わらなかったのは本当に良かったです。軋轢しか生みませんからね。

 

そして、その軋轢の原因となったのが名古屋の一点目のハンドリング疑惑ですね。

判定については、断言している層は間違いなく当事者になれば途端に擁護する自称事情通ばかりだと思います。今回の例で神の手だとか言っている名古屋サポと大差ない行動や言動をとるでしょうね。9割は掌を返して同じ口から正反対の擁護をするでしょう。

名古屋にとって運が良かったことは間違いないと思います。意図はともかく手に当たって利益を受けた以上、審判が10人いたら7人は反則をとっていたように思います。

が、そこは因果なのでしょう。ここ一ヶ月の千葉戦だけで帳尻があって精算されたのかもしれません。もしかしたら一週間後に泣くのかもしれません。あるいは、既に前払いしたのかもしれませんし、いつか昨日のツケを払うのかもしれません。

 

それは誰にもわかりません。

 

ただ、一つだけ断言できるのは、今回の件をハンドと容易に断言できる人ほど、昇格プレーオフを娯楽として消費して誤審ばかりの日本サッカーの未来は暗いと我が物顔でいう人ほど、自チームの選手なら絶対に擁護するということです。断言できます。逆も同様です。ハンドではないと容易に断言できるのも視野狭窄で我儘な名古屋サポにすぎません。

他人事だから正義ぶって憐憫を振り撒けるだけであって、上から目線で説教しているだけにすぎないからです。要は核や誇りがなくただ正義に靡いているだけなので、自分の応援するチームという別の正義ができたら、そっちに靡いて終わるだけです。その程度です。今回の件を恨んでよいのは、2週間前は少なからず恵まれたことを覚えている千葉サポーターだけでしょう。今後VARの導入を進めた方がよいとは思いますが、導入したとしても知識不足や偏愛から審判に対する抗議は出続けるでしょう。ここは自戒の意味も込めて観戦した方がよいですね。

 

10人全員がハンドを認める例 ただし試合中はスルー 

Jリーグで神の手セーブ⁈ジュビロ磐田 ヴィッセル神戸 ジュビロ磐田 渡辺博文のハンド - YouTube

 

ちなみに、千葉の2点目のPKは名古屋の選手のクリアが入ってしまったのでややこしいことになりました。クリアできていたかどうかは関係なく、エリア内で名古屋のファールがあった時点でPKです。もしオウンゴールでなければ状況として流した可能性はありますが、最後に千葉の選手が関与していない以上、ファール時点まで戻す必要があります。クリアされていたら千葉サポーターにとってはガッツポーズだったわけですし、結果無事に決まったわけですが、そんなに単純な話でもありませんよね。急ぎたい気持ちは本当にわかります。

幻のオウンゴールが名古屋に味方したように映ったのは皮肉ですね。結果的には得も損もしていませんが、千葉側の方々のイライラを助長してしまったように思います。

 

こうしたひりつくような勝負を彩ったのは、選手は勿論両監督の貢献が大きいと思います。

名古屋の風間監督は、千葉をきちんと強者としてリスペクトして勝負し、構造の弱点を突いて勝ちきりました。同じ轍を3度ふまず対策し切ったことは賞賛されてしかるべきだと思います。なぜもっとシーズン中の重要な試合でしなかったのかは謎ですが、まぁ凡人にはわからない考えがあるのでしょう。

そして、千葉のエスナイデル監督もプロフェッショナルでした。GK佐藤選手のミスはハイラインのリスクを許容した上でのミスではありますが、文句の一つを言いたくなるような失点でした。あそこも今回の試合の潮目だったことは間違いありません。しかしながら、勝つために自分が選んだ戦術と選手を責めることなくきちんと守り、判定に対して抗議したい思いもこらえて名古屋の選手、監督並びにスタッフとの握手をきちんと行ったことは素晴らしいことだと思います。なかなかまねできることではありませんし、観戦する側としては見習わなければならない姿勢だと感じました。

 

最後に、まだ名古屋も福岡も何も勝ち取っていません。どちらかが判定に泣くかもしれませんし、低調な90分になるかもしれません。しかしながら、相手へのリスペクトだけは忘れたくないものです。千葉は強く、素晴らしいチームでした。決してラッキーだけでプレーオフに進出したチームではありませんでした。

こんにちは。火力不足です。

 

いよいよ昇格プレーオフが明日に開催されます。相手は怒涛の連勝でプレーオフをつかみ取ったジェフ千葉です。チームとしての勢いやシーズンダブルを達成していることからくる自信・モチベーションの高さなどはピークに達していることでしょう。名古屋関係者としては徳島並みに嫌な相手であるとともに、千葉を破らずしてJ2から昇格することはあり得ないということなのでしょう。

 

個人的には、両チームともかなり引き分けが少ないチームなので、引き分け終わりというのは考えにくいです。2勝している千葉がプランを大幅に変更することは考えにくいので、実際のところ名古屋の監督さんとスカウティングがどこまで仕事をするかと、審判が勝敗を決めると思います。

そのうえで、一年でのJ1昇格が果たせなかった場合、間違いなく監督は責められるべきだと断言できます。勿論、選手の責任も当然ありますが、敗北した際最も責められるべきは監督だと断じます。

 

本日は、敗北した場合責められるべき事由について記述することを目的とします。

 

続きを読む

瞬く間に一年は経ち、J2は終わる

headlines.yahoo.co.jp

 

こんにちは。火力不足です。

 

本日の16:00からの試合をもってJ2の全日程が終了し、昇格プレーオフを残すのみとなりました。昇格が既に決まっていた湘南・長崎はともかく、6位までの昇格プレーオフ争いは熾烈を極めました。部外者としてみるのは非常に興味深いものがあるのですが、当事者としては例年にないほど地獄と言える最終戦になったのではないでしょうか。

 

勿論、完全に昇格が確定したわけではなく、まだまだプレーオフは残っています。だとしても、年々J2の昇格争いは激しさを増しているように思います。今後DAZNによる上位クラブの金満化がますます進むことを考えると、今期のJ2ほどの昇格争いはしばらく起こらないように感じました。それにしても徳島がプレーオフに進めないのは衝撃であり、恐怖ですね。選手の配置により優位を築いてきた魅力的なサッカーでさえ7位で終わってしまうのは、選手の絶対的な質の重要性とサッカーの恐ろしさを改めて痛感させられます。

 

本日は、J2を一年間追ってみての印象を記述することを目的とします。

 

続きを読む

誰も得していない教員の過重労働

 

headlines.yahoo.co.jp

 

こんにちは。火力不足です。

 

多くの教員が部活や授業の準備など、多岐にわたる業務に疲弊しているという記事です。

疲弊状態では部活の指導は勿論、本文の教育も疎かになってしまうのは想像に難くないですし、そういった状態は先生本人に良い影響があるわけありませんし、生徒にも良い影響はないでしょう。一体誰が得するのでしょう。誰にメリットがあるのでしょうか。

 

これだけ生活にインターネットが浸透し、動画付きで色々なものを自力で学べるようになったうえで、何もかもの指導が教師だけに膨大な責任とともに圧し掛かっているのは明らかにおかしいと思います。正直なところ「子供が教育を受ける権利」が十分に達成されていないように思います。求められる能力の劇的な変化に、学校が全く追いついていないですね。

 

本日は、学校が遅れている点と、報われない教師について記述することを目的とします。

 

続きを読む