炭火生存日記

しぶとく生きるためのブログ

最悪な敗戦と名古屋グランパスというクラブの誇り

多くのサポーターの中でも、チームの残留としても、個人的にも天王山になると踏んでいた柏レイソルさんとの試合は、2-3で敗戦しました。

 

今日は何が何でも勝つべき試合ではありました。ですが、結果として敗北しました。それも、いつものように3失点してついに一試合二失点ペースに突入しました。

このことはもっと重く見たほうが良いと思います。野球なら優秀な数字でしょうが、サッカーでは弱小チームの典型的な数字です。何度でも書きますがJリーグ屈指のGKがいてこの数字です。

 

それゆえ、中断期間までに勝ち点10にさえ到達しない惨状です。本当ならクラブの方針を確定させられる試合にできるはずだったのですが、あらゆる不幸が邪魔しました。

 

第一に、判定に恵まれなかった点です。

和泉選手の一回目のシュートと、中村選手との接触が事後に発生したジョー選手の二回目のシュートがいずれもオフサイドとして判断され、結果的には2点を取り消された形になります。今日に関しては主審というよりは副審があまりにもお粗末でした。和泉選手のシュートについては、中村選手の視線を遮っていたかはともかく、直線状になる形で畑尾選手がオフサイドと判定されうる位置にいたのは事実です。副審からではどの程度遮ったかはわからず、フラッグアップをしたということなのでしょう。こちらに関してはまだ理解できます。判定を尊重できる範疇にあると考えられるからです。

加えて、そもそも名古屋が今J1にいるのは最後のプレーオフで判定に正直言えば恵まれたところもあるからです。10人審判がいらっしゃったら7人くらいは今回の和泉選手のゴールを認めていたでしょう。その時の因果が最悪の時期に最悪の形で巡ってきたと思えば私は理解できます。納得するのは難しいですがね。

一方、ジョー選手のシュートについてはそもそも副審の位置が正しくありません。試合終了直前という審判の方々にとってもしんどい時間ではありますが、最下位でホームで負けていて、副審の方のポジショニングミスでまた得点を取り消されて (玉田選手の正当な得点でさえも取り消されかけた)しまっては、さすがに不信感も募るでしょう。この件についてはクラブとして正式に抗議してもよいように思います。

ただ一つ気になるのは、昇格してから判定への不満を目にする機会が増えたことです。勝てないから判定に不満が出るようになるのか、判定が厳しくてそれを覆せず勝てないのか、それとも審判とコミュニケーションをとる佐藤選手がピッチ上にいないせいなのかはわかりかねます。もしコミュニケーションをとることで判定が好転するのであれば積極的に再現していくべきだとは思いますが、風間氏はきっとしないのでしょう。

(まぁそれで判定に恵まれるようであればそれはそれで人間としては妥当でも審判としてはどうなのかとは思ってしまいます。)

ルヴァンで見せた前線からの守備も選手個人の資質と気まぐれに基づくものであり、何の再現性もありはしないことが再認されましたからね。

 

第二に、日本代表でもある中村選手の怪我です。

本当に不幸としかいえない "事故" でした。中村選手が捕球体勢になったところにジョー選手が割り込んだわけではないので、ジョー選手に瑕疵はありません。むしろ、ジョー選手の回避が遅れていたら今度は中村選手の膝下がジョー選手の顔面に直撃し眼窩や鼻骨の骨折を引き起こした可能性もあります。勇敢な飛び出しではありましたが、時には無謀と紙一重になってしまうのは本当にゴールキーパーの難しいところではありますよね…。とにかく無事を祈るのみです。

それにより残り時間を勘案して試合をクローズさせた審判団の対応はルール上は正しいですし、妥当だとも思います。残った時間で何ができたとも思いません。引き分けで終わらなかった以外は正しいと思います。ただ、ルール上正しく妥当なものが、必ずしもサポーターの心情と一致しないのも、プレーオフの千葉戦で与えたPKで散々学びましたよね?勿論、自チームの選手には防ぎようもなかった相手選手の怪我でいつの間にか試合が終わっていて、総合的な審判団へのブーイングを中村選手へのブーイングだと勝手に読み違えられては怒りたくなるのも尤もです。怒りのぶつけどころがないのも本当に不幸としか言えませんが…。

 

第三に、上記の二つにより後味の悪さ、不快感がどうしてもこの試合の中心に据えられてしまうことです。この試合で何よりも重要だった勝ち点3を取ることができず、今後残留するうえでの方針確認も副審のミスと選手の怪我によって曖昧になってしまったことは、かなり痛恨だと思います。

何とか冷静に試合を振り返ると、

・相変わらず悪い時間に悪い失点をしすぎであること

・相手のよさを気持ちよく発揮させてしまっていること

の2点は本当に一切改善されていません。本日は玉田選手の煌めき偶然得点が取れましたが、上記の2点が改善されない限りこれからも3失点し続けることでしょう。その構造的な欠陥が中断明けも解決されていなかったら、いくら攻撃を磨き上げても徒労に終わると確信できます。いくら攻撃陣が優秀でも無策では毎試合4点も5点も簡単には取れません。

また、上記二つを個人の責任にしていては話が進みません。メンバーが変更されていても似たようなやられ方、信じられないような個人のミスが続くということは明らかに個人の責任の範疇を超えた何かがあると考えたほうが自然です。個人的には、ケアできる許容量を大きく超えた仕事量に頭と体がパンクするのが原因だと思いますね。仕事をなさっている方であれば、残業疲れの体に終わるはずのないほどの膨大な仕事を押し付けられたらどうなるかは想像に難くないのではないでしょうか。

柏さんとの試合は審判のせいにもできてしまう試合として不幸にも終わってしまいましたが、私個人としてはただ一人成長しないままついに中断期間に入ってしまったことはものすごく残念です。試合開始時から容赦なくジョー選手をシンプルに使い、蹂躙しに行くとともに可能な限りCBとアンカー間を遮断し、相手を窒息させに行くような姿を見たかったです。誰のせいにもせず、「私の授けたプランのせいで選手たちを守れなかった」と自戒する姿を見たかったです。そして、それを糧に次の試合で選手とともに成長して帰ってくるような「クラブ全体が前に進む」姿を見たかったです。

 

それでも、最下位かつ負けている状況で、理不尽な得点取り消しで抗議してもなんらおかしくない中、中村選手を心配して迅速な担架の呼び出しをしてくれたジョー選手・シャビエル選手・ランゲラック選手の姿勢は本当にクラブを代表する選手として嬉しい限りです。文字通り、ああいった姿が "誇り" なのでしょうね。名古屋のために帰ってきてくれた玉田選手が獅子奮迅の活躍を見せるなど勝ちさえすれば最高の日でしたが、何とも不幸な日でした。しかしながら、不幸だけで片付く3失点ではなかったことも受け入れるべきだと思います。

 

これでプレーオフの因果は漸く清算できたのでしょうか?いつか来る日とはいえ、本当に今日であってほしくはなかったですね…。

名古屋グランパスの未来を分ける試合再び

 昇格プレーオフから一年どころか半年たたずに、再び未来を決める試合が目の前に迫ってきました。

正直なところ捨て試合などなく、一試合一試合が未来へ繋がる重要な試合であることは確かですが、どうしても ターニングポイントというものは生じます。15連戦の締めくくりをどう終えるか、勝って終えるかで残留できるかは相当に変化します。

昇格プレーオフ並みに勝ちに行くべき試合だと断言できます。

 

週半ばのルヴァンカップで大勝を収め、最悪の雰囲気のまま柏さんとの試合に臨むことは避けられました。それ自体は間違いなくよいことであり、勝ちにより得られる自信は確実にあることでしょう。

ここまで沈黙を続けてきた攻撃陣が嘘のように4点を取り、児玉選手・深堀選手ら若い力が躍動したうえで反省点も見つかるという珠玉の出来でした。今シーズンのベストゲームと考える方もいらっしゃることでしょう。メンバーが変更されてもセットプレーが脅威となり結果が出たことは事実であり、素晴らしいの一言です。攻撃から守備へ切り替わる際の切り替えの早さ・チームとしての奪いどころの共有といったところも光明が見えるものでした。あれだけ迷いがなければチームとして強いのは道理です。

 

ただ、懸念となるのは、リーグ戦においてはいまだに何も勝ち取っていないことです。

ルヴァンで広島戦に勝利し、リーグの首位チームに勝利し、それで名古屋は何を得たでしょうか?そこで何かを得たのであれば、今頃内容も結果も伴わないような最下位に甘んじることはあり得ません。

 

また、その懸念を後押しするのがルヴァンでの快勝です。

実はこの試合でさえも能動的に相手を崩したわけではありません。

相手は奇しくも開幕戦と同様にガンバ大阪さんであり、極めて残酷な言い方をすれば「名古屋の勘違いを結果的に増長させたチーム」です。得点の内訳もセットプレーから3点、カウンターから1点(あと相手のミスから決定機2回ほど)であり、ボールを保持して能動的に崩すことを理想とするのであれば、まだまだ理想への道は果てしない状況です。理想に拘泥するには、まだ勝ち点も型も不足しているのが現状だと思います。

ただその一方で、最前線からの守備がはまったことで「ミスをさせた」ことによりセットプレーを量産できました。ボールは保持していませんが、能動的に相手を崩す形としては秩序あるプレッシングも解の一つとして妥当だと思います。そして、それはボールを保持する姿勢と一切矛盾しないものです。

よって、ルヴァンでの大勝で、「能動的な崩しは実現できたか?」という問いは、かなり解釈が分かれる考えどころになると思います。

 

加えて、次の相手が柏さんであることがその悩みに拍車をかけます。下平監督は結果的には解任となったものの、チームとしてのビルドアップの整備ができる監督であり、中山選手や手塚選手など個人でプレスを無効化できる選手もいらっしゃいます。となると、ルヴァン戦と同レベルの守備であっても後手に回ることも十分にあり得ます。また、選手の疲労も加味しなければなりません。たとえ全く同じメンバーを起用できたとしても、柏さん相手に再現できると見積もるのは個人的には甘い気がします。

その一方で、高さにはわかりやすい弱点を抱えており、ジョー選手に上質なクロスを送り込むことに意思統一できれば優位な試合展開になりそうなのも確かです。その分、最前線からの守備は期待できなくなりますから、チーム全体を押し下げられ、いつものリーグ戦の光景が広がる可能性もあります。

 

つまるところ、

ルヴァンでの選手たちのプレイに再現性はあるのか?

という疑問に個人的にはたどり着きます。

 

たまたまプランが嵌まったことによる偶然なのか?戦う前の準備ですでに勝っていた必然なのか?あるいは相手の自滅の恩恵を受けたのか? 様々な憶測が浮かびます。

 

希望を抱くのであれば奪いどころをついに決めたと思いたいですが、そうであれば監督やコーチが授けられるか・選手たちが自主的に決めたということになります。前者ならなぜ今まで放置したのかという疑問はぬぐえませんし、何よりBrazilian Storm にプランを徹底できればこれ以上厄介なチームはJリーグを見てもそうそうないはずです。後者なら風間氏を高額な契約金で雇用する理由がありません。守備は最低限構築できて攻撃はアイデア任せの量産型監督で十分です。今はどちらに近い状況なのでしょう。

 

本当ならば大量の情報をもとに判断したいところなのですが、すでに半分以上のチームに敗北してしまったせいで残念なことに1試合のみ、しかも相手は比較的守備が緩いと思われるルヴァンのガンバ大阪さんを相手にした特異なサンプルをもとに、柏さんとの大一番に臨まなくてはなりません。17チーム中9チームに負けているというのは本当に重いことです。

正直素人の私には再現性があるのかどうかはわかりません。監督なのか、コーチなのか、特定の選手に依存するものなのか、名古屋の11人が揃って実現したものなのか、あの22人が揃って実現したものなのかはわかりません。よって何を得るかよりも、何を捨てるかのほうが重要な試合になると思います。

個人的には、勝たなければならない状況で風間氏が何を捨てたのかが見える試合になると思います。そこで捨てたものによっては、代替監督のことを考えるまでもなく、解任へ踏み出すこともやむなしとなることでしょう。継続性以前の問題です。またJ2でやり直せばいいと思っているサポーターはさすがにいないでしょう。降格だけはなんとしても避けないといけません。

楢崎選手・玉田選手といったクラブのレジェンドを叩き落とし、名古屋のことを真に考えてくれている和泉選手をはじめとした若い選手に十字架を背負わせ、ゴールマウスを懸命に守るランゲラック選手の実績に泥を塗り、長谷川選手を「降格請負人」となじった無礼な他サポーターを見返すこともできず、Brazilian Stormの一試合ごとの執念を水泡に帰すような結末を迎えるなんてことはもうごめんです。今度こそ帰ってこれる保証はどこにもありません。

 

最後になりますが、私は現時点では風間氏を信任できません。

守破離」という言葉にあるように、物事を習得するうえでは型を模倣して順守することでまず身に着ける段階、習得したうえで自分自身のアレンジを加える段階、最後に型から離れ、真の意味で自分自身の形を持つ段階が考えられます。風間氏には守破離の離しかないという印象が今なお拭えません (※酸いも甘いも噛み締めたベテラン選手がプレーの幅を広げるにはよい指導者だと思います) ので、なおも「守」を授けられず選手のせいにして敗北を繰り返すのならば、そんな成長のない監督は勝つ執念に満ちた選手には相応しくありません。たとえ替えて悪化するとしても、勝たなければならない状況を自分で作っておいて、準備を尽くさぬまま理想に殉じる監督に任せるよりはましです。ここは個人差のある部分だと思います。それでもついていく人間も一定数いることでしょう。もし守破離を整え、自分の非を時に認め、相手をリスペクトして準備を進め、「観測外の技術」を見直してもなおも降格してしまったのであれば、私も間違いなくついていきます

 

もし柏さんとの試合を通して何らかのポジティブな変化がなければ、中断しても決して変わることはあり得ません。変わったとしても、他チームの成長度を上回ることは決してないでしょう。だからといって、「負けはしたけど内容はよかった」という言葉はもはや寝言になりかねない段階です。

 

J1でスタイルを手に入れるか、J2で燻る古豪となるか、J2でも古豪にさえなれないのか、その岐路はもう目前に広がっています。

 

関連記事

 

karyokuhusoku.hatenablog.com

 

 

一人だけ成長していない人が名古屋グランパスにいる

J1に帰ってきた名古屋グランパスですが、現状過密日程の中無惨な状態です。

 

14試合を終えて得点はわずかに12、失点は27と降格するチームの典型のような数字を残しております。もし、現在のチームがけが人続出でスタメンを組むのも一苦労、あるいはGKに不運が重なって最後の砦を高卒新人に任せるしかないような状況であればまだ擁護もできますし、不幸を憂うことも可能でしょう。

しかし、現在チームのゴールマウスを守っているのはオーストラリア代表候補のランゲラック選手です。J1基準で考えてもトップクラスの実績を持つ選手ですし、間違いなく前評判にたがわぬプレイをほぼ毎試合見せています。ここ3試合で10点は防いでいるので、14試合で換算すればすでに30点は防いでいるでしょう。何とも笑えない話ですが、彼のおかげで27失点「で済んでいる」という状況です。彼がいても1試合2失点ペースという常人ならおかしいと気づくペースでの失点ですが、一向にチームに変化は見られません。

今まで夢にすがりたい方は「ホーシャ選手が帰ってくれば」「新井選手がいないからだ」「ジョー選手のコンディションが上がれば」「〇〇選手のシュートが入っていれば…」「若手に積極的にチャンスが与えられているから開花すれば…」と尊敬に値するレベルでポジティブな要素を見つけていらっしゃいました。本日まではわずかなポジティブ要素を砂漠で水を啜るかのごとく希望にすがっておりました。

 

しかしながら、本日ついに、昇格組として格上であるとはいえども、明らかなJ1仕様の金満補強をしたわけではなかった長崎さんを相手に、チームとしての完成度の差を完膚なきまでに見せつけられ、叩きつけられ惨敗しました。長崎さんには少し失礼な言い回しになってしまいますが、昨年度にJ2で負け越した相手ではありませんし、J1で首位を独走する強豪でもありません。良くも悪くもやるべきことをまじめに積み上げる堅実なチームです。それゆえ、圧倒的な個という理不尽に泣かされることも時にあり得ます。

J2で最後に戦った時から両チームの方針が劇的に変わったわけでも、選手が大きく入れ替わったわけでもありません。それゆえ、志向するサッカーをどの程度前進させたのかを試すうえでは絶好の機会だったといえるでしょう。同じ期間、同じ監督で同じ過密日程を過ごしてきて、ここまでの差をつけられたのです。ほぼベストメンバーが揃いながら、自慢の攻撃はいつものように発揮できないままにまたしても終わったのです。理不尽な個を攻守に持ちながらも無惨に敗北したのです。

 

ここまで14節を経て、いまだに崩しからの得点はゼロです。付け加えて言えば、「崩し切って押し込める人間があとは触るだけだった」「相手GKが理解不能なレベルで神がかりすぎていた」もほぼゼロです。逆の立場は散々ありましたが(笑) 特にマリノスサポーターの方は不平不満の一つも吐きたいところでしょう。

先ほど述べたように、今期になって急に志向するサッカーが変わったわけでもありません (e.g. 横浜Fマリノスさん) 。継続していてこのざまです。選手もようやく揃ってこの惨状です。チャンスすら作れていない状況ですから、何かしらうまくいっていないと考えるのが妥当でしょう。具体的には、

 

1. 相手との差がありすぎて、理想を実現しようがしまいが勝てない

2. 理想もアプローチも正しいが、浸透に時間がかかっており、今は途上である

3. 理想もアプローチも正しいが、日程のきつさや疲れのせいで実現できない

4. 理想は正しいが、そこに至るまでのアプローチがおかしい

5. 目指している理想がおかしい

 

このあたりの理由が個人的には考えられます。

まず、1については妥当ではないでしょう。ランゲラック選手・シャビエル選手はJ1でも反則級助っ人に近いレベルです。ジョー選手も移籍金に見合うかはともかく、攻撃が壊滅的な状況にもかかわらず3試合に1点は取っているペースです。物足りなくは感じますが外れ助っ人と決めつけるのは気の毒な状況といえるでしょう。彼らに相手の意識がどうしても集まることは想像に難くありませんし、単純な数字だけで効果を断言するのは難しいところがあります。

また、和泉選手や宮原選手・長谷川選手に小林選手といった面々が明らかにJ1レベルに劣るということはないでしょう。確かに選手層は決して厚くはありませんが、どうしようもないレベルで選手がみるみる剥がされて弄ばれるという試合はなかったように記憶しています。ルヴァンはともかく、リーグ戦でどうしようもない選手の質の差を感じたことはありませんでした。ここは個人差があるかもしれません。

 

2については、未来のことがわからない以上何とも言えません。しかしながら、浸透に時間がかかるとしても、こと現在地においては理想の実現可能性並びにアプローチの妥当性は低いとしか言えません。

なぜなら、

・試合ごとに良くなっているどころか悪くなっている

・あと一歩で決まるチャンスの創出など、理想の片鱗といえそうなものが一切見えない

・流れのチャンスに再現性がなく、選手のコンディションに大きく依存する

・川崎ですでに経験があるはずなのに、過程が短くなっていない

 

といった現象がみられるからです。

途上であるならば、毎試合右肩上がりで順風満帆とはいかなくても、

・あと一歩の惜しい場面が徐々に増える

・どうしようもない失点が減る

主体的に創れるチャンスが増加する(相手選手のファール増加・枠内シュート本数の増加など)

 

などの兆候は随所に見られるでしょう。本当にアプローチが妥当で理想の途上であるのならば、ゆっくりであっても見られるはずです。ところが、これも見られていないので懐疑的にならざるを得ません。加えて、もう一つ怪しくなる要因がまだ残っています。

「川崎さんで経験しているはずのルートで、どうして足踏みしているのか?」

という疑問です。風間氏を支持する方はたいてい根拠が川崎さんでの実績をもとにしています。つまり、実績を認めているわけです。確固たる実績を認めているわけですから、当然それはほかでも再現されるものとして考えられるべきです。加えて、一度作っているわけですから、2度目は短縮・効率化といった何らかの創意工夫は見られてしかるべきでしょう。1度目に5年かかり、2度目にも5年かかっていたら、サッカーの浸透としては遅すぎます。指導として優秀とはいいがたいでしょうし、億単位の指導者の仕事とは言えないでしょう。

「川崎さんでの実績は素晴らしいが、ほかでうまくいくかはわからない」ではただの偶然ですし、偶然であれば風間氏である必要性は皆無です。端的に言えば小倉氏でもよいわけです。ここまで名古屋専用のチューニングといえそうなものが試合を通してほとんど観測されていないことはその不信感に拍車をかけます。また、状況証拠として、練習でロンドのみを行っており、止める蹴るという技術に特化する一方、守備や失ったボールの回収、再現性のあるビルドアップや効果的なヘディングといった「観測外の技術」に未だに手を出さない点も気になる点です。

 

3についても同様です。今年のJリーグが過密日程になることはわかっていたことです。例年以上にターンオーバーや戦術の妥協が重要になる年であるというのは、素人である私でも予想の付く話です。プロの方々、サッカーでお金を稼ぐ方々がわからないはずがありません。ホーシャ選手の稼働率が現状予想よりも低いのかなとは考えられますが、新井選手が予想より早く復帰を果たしたり、菅原選手がある程度戦力として見積もれたり、櫛引選手がSBとして戦力計算できるようになったりと、マイナス要因ばかりとも言えません。どうしようもないという言葉で片づけるしかないほどの窮状ではないでしょう。

加えて、肉体同様に脳を酷使することも予想できた話です。刻一刻とピッチ上で変化する状況で、逐一最適解を考え続けることが負荷にならないはずがありません。まして回復期間も短く移動も激しいわけですから、可能な限り消耗を抑えるのが得策でしょう。

そのうえでとれる方略はいくつかありますが、戦術の単純化とチームの意思統一はわかりやすい手法のうちの一つでしょうね。逆に、準備なく無策で臨み、その場で選手にとにかく考えさせていたら間違いなくパンクするでしょう。そうした脳の縛りプレイに対する悲鳴が、緩慢なパスミスや信じられないリスク管理につながると考えます。そうした縛りプレイが選手に好影響を与えるのでしょうか?個人的にはただ自信を奪うだけだと思いますがね。

身体や頭が極限まで疲れると、どんな方でもとんでもない判断をしますよね?

 

4についてですが、個人的にはこれが一番妥当だと思います。主体的にボールを保持するサッカーを実現するには、選手にいらない負荷をかけすぎているのが現状だと思います。

きわめて個人的な考えですが、ボールを保持してゴールに迫るサッカーは、淡々と相手に2択を迫り続け、その都度逆を突く極めて自由度の低いサッカーだと思っています。自由とは正反対の規律に固められたサッカーともいえるでしょう。なぜなら、真にボールを保持することを追求するのならば、

・ボールを失ったときどこでどうやって誰が回収するか

・相手選手のうち誰を悩ませ、迷いをどう生んでそこを突くか

・創造した時間的・空間的余裕をどう活用するか

・最後にどこにパスを出し、誰が走りこむか

 

まで徹底的に決め、機械のごとく相手を押しつぶすまで繰り返す必要があるからです。徹底的に決めなければならない理由は、いちいち考えていたら90分どころか45分も持たないからです。簡単ですね。

それを実現するためには、練習でパターンを叩き込むとともに、90分間遂行し続けるためのコンディションも重要です。食事も限定され、脂肪の多い焼き肉などは論外でしょう。睡眠管理も重要になりますから、寝る時間や睡眠時の枕・スマートフォンの管理などまで手をつける必要があると個人的には思います。

ところが、コンディション面の徹底を含め、これを何一つ決めていないので、選手が無駄に疲れます。せっかく止めて蹴ったことで得た時間的・空間的な余裕も、次のパスコース探しや展開の予測で帳消しです。そもそも止めることに主眼を置きすぎて場所で先手を取れないこともあります。余裕を得て相手に迷いを生むための手段としてボールを止めるのであって、ボールを止めることが目的ではありません。スペースに走りこむことで空間を作ってもいいですし、ドリブルで作るのもよいでしょう。ターンや体の向きで作る方法もありますし、味方を利用するやり方だってあります。この辺りは選手の特性を加味してどこで優位を得るかは準備段階である程度決められるでしょう。

もちろん、すべて完璧にはいきませんし、相手のヤマが当たることもあります。準備段階の想像以上に相手が上手だったということもあるでしょう。そうすればボールは奪われます。これはゼロにはなりません。完璧はあり得ません。

そして奪われたら今度は走りながら奪い方を考えなければいけません。全力で戻りながら、ピッチ内での位置関係をその都度情報として取り入れて最善な場所を考えて動くという作業は、とてつもない負荷がかかります。素人は1分やってみるだけでも身体が鉛のように重くなるのではないでしょうか。加えて、個人が最適だと思った特攻も味方に害を与えます。余計に誰かの疲れを誘発します。事前の準備もなしで完璧にピッチ上で考えられるプレイヤーは世界を見渡しても一握りでしょう。

そんな一握りのニュータイプを目指す途中で多くの選手の才能が潰れるほうが先だと思いますね。捨てたはずの観測外の技術に苦杯をなめさせられる機会のほうが圧倒的に多いでしょう。

そもそも、観測外の技術って現在志向するサッカーとそんなに相反するものでしょうか?ボールを保持するためのリスク管理として必要なものではないのでしょうか?例えば、ヘディングを効果的にできることで相手に迷いは生まれませんか、守備から攻撃へ上手に転じられませんか?

 

そして、5については個人の好みです。個人的にはあまり好みではない理想ではありますが、正解は一つではないので何とも言えません。ただ、クラブがどんな手段を使ってでも実現したいのであれば支持はします。生半可な決意でやるのであればやめとけ、としか思いません。

 

長くなりましたが、要するに、「お粗末としか言えないミスに再現性がある」のは、根本的なコンセプトに誤りがあるか、実現のためのアプローチに誤りがあるか、選手に異常な負荷がかかりすぎてパフォーマンスが低減しているかのいずれかであるということです。ここ数試合一切予兆がないまま、突発的に起こったものであれば単なる不幸として片づけてもよいでしょう。しかしながら、繰り返し起きているにもかかわらず、一切修正がなされないのは、もはや指導に欠陥があるとしか言えません。それは監督かもしれませんし、フィジカルコーチかもしれませんし、メンタル管理かもしれません。もしかしたら全部かもしれません。

ただ、敗戦後の監督コメントを見る限り、変わろうとするクラブでたった一人だけ何一つ成長しない人間が浮かび上がります。

 

集中力の欠如。前半後半の立ち上がり、自ら相手にゴールを与えてしまった。あとは、そのあと立て直すだけの闘う気持ち。気持ちとはどういうことかと言えば前に向かう姿勢ですね、テクニックを含めもっともっと闘わなければいけなかった。

nagoya-grampus.jp

 

精神論は戦う前のあらゆる準備を包括的にすべて尽くしたうえで最後に語るものです。

野球の監督が、「必ずストライクを取れ!もし負けたら俺の指示に従わなかったお前たちのせいだ!」とほざくのと変わりません。

 

現在の名古屋グランパスは、

・ビルドアップを構築できない

・選手が選択肢を複数保持できなるような状況を作れない

・相手に迷い、焦りを与えられていない

・多すぎる情報、厳しい疲労でむしろ味方が混乱している

・能動的な崩しを構築できない

・失ったボールを効率的に回収できない

・ゾーンを整備できない

・若手に自信を与えられない

・海外で評価されるような若手を実は育成できない (ガラパゴスプレイヤー)

 

※川崎さんで風間式の指導を受けた結果、海外で評価されて移籍したプレイヤーはおらず、大島選手も強度の高い国際試合ではフィジカルが追い付いていないため90分間は活躍できていない、事実移籍していない。

 

これらを繰り返して確立できるスタイルとは何なのでしょう。そこにクラブの未来はあるのでしょうか。そこに相手はいるのでしょうか。

私に限って言えば、海外をはじめとした他のクラブから魅力的だと思われるような選手がクラブ愛を語って残ってくれたり、「名古屋で成長できた」と新天地で活躍して語ってくれるからこそ応援が喜びになるのであって、引き取り手のない我儘ガラパゴスプレイヤーに内輪で騒がれても何の思いもわいてきません。

 

今、かなり絶望的な状況ではありますが、ベンチ外の日々が続く楢崎選手からピッチで戦っているレギュラー選手、できるだけ貢献しようとしてくれる特別指定の選手など、選手は不格好なりにも適応しようとしていますし、執念も感じます。押谷選手の空回りに辟易としてしまうことも時にはありますが…。

クラブも、一度J2へ落ちたことで様々な取り組みに力を入れており、本気で変えようとしていることはわかります。自分自身もトヨスポに足を運ぶようになったり、以前より選手を身近に感じるようになりました。

 

そんな中、未だに変わろうとしない人がいることが本当に気に食わないです。

 

関連記事

 

karyokuhusoku.hatenablog.com

 

日本らしさ、自分たちのサッカーという虚構

唐突な書き出しになりますが、自分たちのサッカーとは何なのでしょう。

日本らしいサッカーとは何なのでしょう。

 

いまだに、このような曖昧模糊な言葉について、公的な定義は与えられていません。

ゆえに、どの程度定義を満たしたのか、あるサッカーがどの程度理想とされる日本らしさに漸近しているのかはわかりません。そもそもピッチ上においてどういった現象がみられることが日本らしさなのかは全く検証されていません。

よって、ゴールや目標、理想とされる形がないのでできるわけがありません。

 

4年前のワールドカップで、最終試合に監督に離反する形で「自分たちのサッカー」を行ったことは記憶に新しいと思います。そして、玉砕上等のコロンビア戦で、2軍の相手に文字通り玉砕しました。万が一もう一度やれば勝てるとか、紙一重の差であったとか、十分に南米相手にも撃ち合えたといった希望ある敗北ではなく、屈辱と圧倒的な実力差に打ちひしがれたのが前回大会の経験だと私は思っております。見ていた側としても絶望したくなるほどの敗北でしたから、当時ピッチに立っていた選手としては、正直なところ思い出したくないレベルのトラウマか、二度と忘れられないほどの屈辱として間違いなく刻まれたものと思っていました。

もしあのコロンビア戦で、「自分たちのサッカーは間違っていない!」という感触を得たのであれば、イライラを通り越しておぞましいです。どこに希望を抱く要素があったのかさっぱりわかりません。

 

そうした屈辱的な敗北を糧に、日本サッカーが強くなるために進む道は二つあったと思います。

一つは、ボールを保持するうえで何が足りなかったのかを突き詰め、そのための人材を一から育成し、ボールを保持するための道を邁進するルートです。つまり、何年かかってもよいので、ボールを保持することを日本らしさの前提としてその道を極めるということです。

例えば、広域を守れて、あらゆるシュートに対応できる強さと柔軟さを持ったGK・運ぶドリブルや中長距離のパスを両足で展開できて遜色なく守れる強靱なCB・相手のプレスを回避するために臨機応変な位置取りとドリブルができて速いパスを迷いなく通せるSB・中盤の空きスペースを管理しながらターン・ドリブル・囮の動きで味方を助けられるMF・狭いエリアで躍動するのみならず、強いシュートも打てるMF・相手を理不尽にえぐりつつ利他的でスピードのあるドリブラーに、強靱な相手を弾き飛ばせる力と繊細さを両立したFWなど、全ポジションが技術の上でも頭脳の上でも不足しています。特にひどいのは守備陣全般でしょうね。

それでも、現実を理解し、ボール保持を極める方向に舵を取ると決めたのであれば、個人的にはまだ理解できます。結果この道には進みませんでしたがね。

 

4年前の日本が選んだのは、自分たちが中二病を患った青二才だと理解し、海外の先進的な教えを学ぶこと、ひいては今までやらなかったサッカーを4年間してみることで「日本人らしさ」を中身を追求する方向でした。

実はまだこの時点では相手の良さを消すサッカーを試したことしたはなく、「ボールを保持するのが日本人らしさに決まっている」とほざいていたわけです。本当にただの中二病ですね。

よって、今回のロシアの結果次第では、やはり日本にはボール保持しかないという展開になる可能性もありえたわけです。その段階で決定したほうがむしろ正常です。ボール保持以外を試してみたけれど今一つうまくいかなかったということも、世界に追い付くには必要な失敗ですからね。

しかし、今回の相手の良さを消す試みも、よかったのかが明かされることなく終わりを迎えました。これでボール保持しかないと説明できるわけがありません。選手が納得しなかったなど何の言い訳にもなりません。

また4年間を日本サッカーはドブに捨てました。主要な大会での攻守のかみ合わない内紛はもはや5度目です。内紛こそが「日本らしさ」だったという何とも笑えない形で日本らしさをまざまざと証明しました。

 

書きなぐりのような形になってしまい申し訳ありませんが最後に一つだけ。

自信を持つことはよいことだと思います。ただ、殊にボール保持に基づく自分たちのサッカーを支える成功体験とはいつの何なのでしょうか。ザック期のフランス戦・アルゼンチン戦はそもそもボールを保持していませんし、コンフェデは惨敗しています。本大会もしかりです。親善試合こそ片鱗は見せましたが、守備陣に押し付けられた尻ぬぐいは最後までいびつな形で残り続けました。

いつ成功したのでしょうか。いついけるという確信を得たのでしょうか。

 

そんなターニングポイントがないのに、原点といわんばかりにひたすらに何度も虚構に回帰しようとするこの姿は、本当に恐怖です。何がここまで選手たちを自分たちのサッカーへ駆り立てるのでしょうか。

 

 

karyokuhusoku.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

日本サッカーが死んだ日

dialog-news.com

 

2018年4月9日をもって、日本サッカーは暗黒期に突入しました。

 

ハリルホジッチ監督が成績不振を理由に電撃解雇されました。

これにより、今後最低20年、日本サッカーが悪化することはいくらでもあれど、好転することはないでしょう。

 

新入社員が様々な場所で勉強し続けるよう強く言われるこの時期に、サッカー協会というお偉方がまさに何の学習もしていないこと、学習する気も方法もないことが完全に世界中に露呈したからです。突然変異のように才能あるサッカー少年は今後もわずかに出てくるでしょうが、1人でできることなど限られていますし、そもそも日本でよい指導者には巡り合えません。ガラパゴスをどこまでも極め、しばらくゆるく衰退することはほぼ確定したと思って間違いないでしょう。

 

本日は、悪化する理由を記述していきます。というより、好転する要素が何一つありません。

 

目次

・時期が最悪

・評判がた落ち

・監督候補者不在

・有望株のサッカー離れ

・まとめ

 

・時期が最悪

まず、ワールドカップの2か月前という時期が最悪です。この時期の監督解任は、本大会で躍進を狙うチームではまずありえません。加えて、本大会の結果がどうであれ、この4年間してきたこと、積み上げてきたはずのことを振り返ることが不可能になります。

ただでさえ、この4年間はブラジルでの惨敗の振り返りも曖昧にしやがったのみならず、アギーレ監督の八百長問題で代表はすでに一年を棒に振った状態でした。つまり、もし本大会までハリルホジッチ監督で臨み、結果敗れたとしても、

 

1. ハリルホジッチ監督に4年間を用意できなかったから。

2. ハリルホジッチ監督の策が悪かったから。

3. ハリルホジッチ監督の策はよかったが、選手がそれを実行できなかった。

4. ハリルホジッチ監督の策はよかったが、相手がそれ以上に良かった。

5. コンディション調整に失敗し、そもそも100%ではなかった。

 

など少なくとも5つの要因が考えられます。おそらくもっとあります。アギーレ監督で足踏みをしたことで結果1の可能性は最後まで分かりません。これ自体そもそも協会のミスであり汚点です。しかしながら、このまま本大会に挑めば、2~4の仮説についてはとりあえず検討はできました。それも今となっては不可能です。相手の長所をつぶすサッカーが世界の舞台で通用したかどうかはもはやわかりません。検証のしようがないのですから。

今回のワールドカップは何一つ残りません。選ばれた選手の経験も残念ながら何一つ引き継げません。交絡要因が多すぎて、何が良くて何が悪かったのか誰も検証できないからです。そして、検証が不十分であれば同じ轍をまた踏むでしょう。

4年間をドブに捨てるとはこのことです。並みの営利企業なら解雇でしょうね。

 

・評判がた落ち

さらに悪いことに、この恥ずかしいニュースはすでに全世界へ流れてしまいました。万が一たとえ今からハリルホジッチ監督の猛抗議で覆ったとしても、解任しようとした事実は消えません。

そもそも、ハリルホジッチ監督は中途就任でありながらアジア予選を首位で突破しています。継続のための定期試験は主席で通過しており、予選での敗北は日本のことをよく知っておらず相手が入念に対策してきたUAE戦のみです。親善試合は何の参考にもなりません。何が何でも勝利が必要な本気の試合ではありません。よって、さらに悪いことに、「実績に問題のない監督をワールドカップ直前に解任した国」として他国に知られてしまったことになります。

もともと日本は有望監督がこぞって集まる国ではありません。言い方は悪いですが、欧州で終わったとされる監督が流れ着く極東の国です。また、ダイヤの原石が強くきらめく国でもありません。それにもかかわらず、要求は異常に高いのです。具体的には、

 

1. ワールドカップで指揮経験あり(可能ならベスト4)

2. 日本人の長所を発揮してくれる(揉めない)

3. 新戦力を積極的に起用

4. 親善試合でも全力で勝利

5. 日本が出せる予算で納得してくれる(数億程度、代表監督では安め)

( 6. ゾーンディフェンスなどの欧州スタンダードを短期間にやさしく浸透してくれる)

 

こうして並べてみるといかにあほらしい要求かわかります。ちなみに本大会で失敗するとキャリアに傷がつきます。今回のような理不尽な解任を受ける可能性も新たに浮上しました。逆にメリットは何でしょうか。テロリズム等とは現状無縁な生活はできそうです。

まず3と4で矛盾していますし、2は具体的な部分が何一つ整備されていません。今やブラジル代表のほうが間違いなく勤勉で組織的で粘り強いです。日本らしさとは何でしょうか。日本人でもわからないものをどうしてビジネスで訪れた外国人が理解できるのでしょうか。そして、本大会で勝つことと4は矛盾します。対策されやすくなりますからね。

これだけのマイナス要素があってなお日本に来る監督は、もはや訳あり人材だけでしょう。アギーレ監督も真っ青の経歴を持つ監督ぐらいでしょうかね。そんな人がそもそもいるかはわかりませんが、今回の一件で「日本はアフリカ並みの理不尽な国」として監督間のネットワークで共有されたことでしょう。これが払しょくされるには10年はかかるでしょうね。

 

・候補者不在

まだまだ海外から学ぶことは豊富にあるので、個人的には外国人監督が良いとは思うのですが、上記の理由でもう優良株は来ないでしょう。

かといって、日本国内に有望な監督はいません。風間監督とかありえません(笑)

J2には何人か興味深い監督はいらっしゃいますが、本大会の経験がない以上ザッケローニ監督の時と同様に、本大会で丸裸にされるチームになる可能性も高いです。加えて、日本人監督はそもそもやりたがらないでしょう。はっきり言って代表監督は割に合いません。

まともな監督であればあるほど、日本が本大会で勝てる可能性が高くないことはわかっています。そして、負けた時にどうなるかもわかっています。親善試合で負けることで家族が脅迫される可能性もあります。そんな怖い賭けはまずできないでしょう。もし実力の十分な日本人監督がいたとしても、易々と首を縦に振ることはできないでしょうね。

要するに、やる人がいません。断れない若手監督に育成と称して押し付けるのではないでしょうか。

 

・有望株のサッカー離れ

こうした現象を受けて、日本サッカーにポジティブな印象を持つ子供は減るでしょうし、いい印象なわけがありません。良い指導者の教えを受けられる機会も減少するわけですし、何一ついいことがありません。

本当に誰が得するんだよ…

 

・まとめ

JFAが日本サッカーを弱化させるために作られたなら今回の手口は満点です。1%でも勝率を下げたいと心の底から願っているのでしょう。

ポケモンで例えるのなら、努力値や特性をもとに、相手の手持ちをよく研究して弱点を突く人間を解雇して、地割れダグトリオと吹雪スターミーで勝てると心から信じている人間を代表に据えて世界大会を戦うようなものです。その行動をしながら「勝つために最善を尽くした」とほざいています。

本当に無能な働き者は恐ろしいですね。そして、勉強をやめ、保身に走ることはもっと恐ろしいですね。

 

関連記事

 

karyokuhusoku.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

東アジアカップの雑感と名古屋グランパスの昇格

こんにちは。火力不足です。

 

Jリーグの全日程が終了し、移籍市場に動きが見られたことで改めて昇格した実感を得られました。正直試合が終わった当日はまだ実感がありませんでしたからね。

そして、かつて応援したものとして一年で復帰できて本当に良かったと思います。スタートラインに回帰しただけではありますが、選手編成・クラブの将来・膿出し・SNSを用いた効果的な宣伝の拡張など、J2を経験したことによる結果論での成功はいくつも得られました。

だからと言って、他クラブもJ2で修行しろなんて口が裂けても言えませんがね。クラブの営業努力、選手やスタッフの徹底があって初めて為し得た昇格だったと思います。

 

ただ、残念ながらこのままの路線を貫いても、ACLの制覇は極めて難しいでしょうし、名古屋から世界へ羽ばたく選手が出てくることはほとんどないでしょう。昨日を含めた東アジアカップでの川崎勢の選手の振る舞いを見れば大方予想ができます。ガラパゴスな選手として日々を過ごしてしまうのは個人的にはあまり気分の良いものはありません。勿論、サポーターとして国内でずっとプレーしてほしいと考える方もいらっしゃるはずなので、ここは個人の考えということになるのでしょう。

 

本日は、東アジアカップで感じたことを記すとともに、それが名古屋に及ぼす影響について考えることを目的とします。

 

続きを読む

因果が巡った昇格プレーオフ ー名古屋グランパスvsジェフユナイテッド千葉ー

こんにちは。火力不足です。

 

昨日J2の昇格プレーオフが行われ、名古屋グランパスジェフユナイテッド千葉に4-2で勝利しました。

 

この試合の感想を一言で言えば、個人的には「因果は巡る」です。2週間前、豊田スタジアムでは、名古屋をリスペクトしてできることを完遂した千葉が (運や審判を味方に) 完勝しました。そして昨日は役者が逆だっただけにすぎないと思います。千葉を強者として研究し、3バックやプレス回避のロングボールを併用し、左SBの比嘉選手を攻守ともにタスク過多に追い込んで機能不全を起こし、千葉が自信を持つハイラインのリスクを見事に突きました。そして (運や審判を味方に) 完勝しました。

だからこそ4-2というスコアで終わったと思います。前回の対戦で3-0という差がついたように今回も差が付きました。個人的には、1-1や2-1といった、疑惑と不満に満ちたスコアで終わらなかったのは本当に良かったです。軋轢しか生みませんからね。

 

そして、その軋轢の原因となったのが名古屋の一点目のハンドリング疑惑ですね。

判定については、断言している層は間違いなく当事者になれば途端に擁護する自称事情通ばかりだと思います。今回の例で神の手だとか言っている名古屋サポと大差ない行動や言動をとるでしょうね。9割は掌を返して同じ口から正反対の擁護をするでしょう。

名古屋にとって運が良かったことは間違いないと思います。意図はともかく手に当たって利益を受けた以上、審判が10人いたら7人は反則をとっていたように思います。

が、そこは因果なのでしょう。ここ一ヶ月の千葉戦だけで帳尻があって精算されたのかもしれません。もしかしたら一週間後に泣くのかもしれません。あるいは、既に前払いしたのかもしれませんし、いつか昨日のツケを払うのかもしれません。

 

それは誰にもわかりません。

 

ただ、一つだけ断言できるのは、今回の件をハンドと容易に断言できる人ほど、昇格プレーオフを娯楽として消費して誤審ばかりの日本サッカーの未来は暗いと我が物顔でいう人ほど、自チームの選手なら絶対に擁護するということです。断言できます。逆も同様です。ハンドではないと容易に断言できるのも視野狭窄で我儘な名古屋サポにすぎません。

他人事だから正義ぶって憐憫を振り撒けるだけであって、上から目線で説教しているだけにすぎないからです。要は核や誇りがなくただ正義に靡いているだけなので、自分の応援するチームという別の正義ができたら、そっちに靡いて終わるだけです。その程度です。今回の件を恨んでよいのは、2週間前は少なからず恵まれたことを覚えている千葉サポーターだけでしょう。今後VARの導入を進めた方がよいとは思いますが、導入したとしても知識不足や偏愛から審判に対する抗議は出続けるでしょう。ここは自戒の意味も込めて観戦した方がよいですね。

 

10人全員がハンドを認める例 ただし試合中はスルー 

Jリーグで神の手セーブ⁈ジュビロ磐田 ヴィッセル神戸 ジュビロ磐田 渡辺博文のハンド - YouTube

 

ちなみに、千葉の2点目のPKは名古屋の選手のクリアが入ってしまったのでややこしいことになりました。クリアできていたかどうかは関係なく、エリア内で名古屋のファールがあった時点でPKです。もしオウンゴールでなければ状況として流した可能性はありますが、最後に千葉の選手が関与していない以上、ファール時点まで戻す必要があります。クリアされていたら千葉サポーターにとってはガッツポーズだったわけですし、結果無事に決まったわけですが、そんなに単純な話でもありませんよね。急ぎたい気持ちは本当にわかります。

幻のオウンゴールが名古屋に味方したように映ったのは皮肉ですね。結果的には得も損もしていませんが、千葉側の方々のイライラを助長してしまったように思います。

 

こうしたひりつくような勝負を彩ったのは、選手は勿論両監督の貢献が大きいと思います。

名古屋の風間監督は、千葉をきちんと強者としてリスペクトして勝負し、構造の弱点を突いて勝ちきりました。同じ轍を3度ふまず対策し切ったことは賞賛されてしかるべきだと思います。なぜもっとシーズン中の重要な試合でしなかったのかは謎ですが、まぁ凡人にはわからない考えがあるのでしょう。

そして、千葉のエスナイデル監督もプロフェッショナルでした。GK佐藤選手のミスはハイラインのリスクを許容した上でのミスではありますが、文句の一つを言いたくなるような失点でした。あそこも今回の試合の潮目だったことは間違いありません。しかしながら、勝つために自分が選んだ戦術と選手を責めることなくきちんと守り、判定に対して抗議したい思いもこらえて名古屋の選手、監督並びにスタッフとの握手をきちんと行ったことは素晴らしいことだと思います。なかなかまねできることではありませんし、観戦する側としては見習わなければならない姿勢だと感じました。

 

最後に、まだ名古屋も福岡も何も勝ち取っていません。どちらかが判定に泣くかもしれませんし、低調な90分になるかもしれません。しかしながら、相手へのリスペクトだけは忘れたくないものです。千葉は強く、素晴らしいチームでした。決してラッキーだけでプレーオフに進出したチームではありませんでした。