炭火のような生き方

生き方に悩む人のためのブログ

アルバイトに高いレベルを求めてもよいか

こんにちは。火力不足です。

 

ブラックバイトという言葉が巷でも聞かれるように、正社員だけでなく今はアルバイトでも割に合わない労働を求められたり、責任感という言葉の元搾取されてしまうという事例が見られるようになりました。もらえるものが一向に増えない中、奉仕だけを求められ、時に契約条項の一方的な変更さえも迫られてしまう現状は、働くこと自体の中身がどんどん悪質になっているといえます。

そもそも、契約期間の限られたアルバイトが業務の成否を握るような状況に陥る時点で何もかもおかしいはずなんですがね…。雇う側はアルバイトに依存している状況は怖くないのでしょうか?何かあれば脅せば解決すると考えている人種も一定数いそうです。

勿論そんなことはありません。以下の記事の通りです。

参考 http://www.check-roudou.mhlw.go.jp/parttime/ 

 

さて、世間一般に広くアルバイトがある中で、最も多く目にするのは飲食店であると考えます。勿論世の中にはそうした店舗は幅広い値段設定があり、客としての目線を考えれば高い金銭を払っているほどそれ相応のサービスは期待したくなります。しかし一方で、アルバイト相手にそこまで求めるのは是かという考え方もあります。

 

そこで、本日は、客側とアルバイト側の折衷案について考えることを目的とします。

 

 

目次

・サービスは値段相応

・可能ならさぼった方がよい

・チップとか

・まとめ

 

・サービスは値段相応

客側からすれば、支払った値段以上のサービスが受けられれば得に感じられるでしょうし、逆に値段の割に提供が遅かったり、応対がいまいちだと、損に感じるわけです。支払う値段と料理の味が釣り合っているかを考えるのはある意味当然として、そこの変動要因にサービスは少なからず影響するでしょう。100円寿司やファストフード店で極上のもてなしを求めるのは邪神か貧乏神ですが、一食の値段がある程度になると快適になれるようなサービスは期待したいと考えるのは自然なように思います。具体的には、ワンコインの2~3倍・1000~1500円を超えると個人的にはサービスに粗相があると気になりますね。

店の状況によって私は要求ラインが変わりますが、常に一定で、水準以下のサービスは許さないと考える人間もいるでしょう。

 

・可能ならさぼった方がいい

一方、アルバイト目線では真面目に取り組んでもボーナスなんてありませんし、昇給したとしてもそれを上回るペースで正社員並みの責任を課せられます。よって、ほどほどに言われたことを適切にこなすのが最適です。正直現在のアルバイトの業務は、マニュアルを完璧にこなすだけでも大変だと思いますがね…。言われたことこなすのも簡単ではないですし、とても改善のためのミーティングやアイデア出しなどできないと思います。なぜなら報酬がないですから。そして、真面目にこなすほど信頼と同時に「いつもやってくれる」と思われてしまい、断るのも正当な権利なのにその思考を奪われてしまいます。

こういう義理堅い人間がブラックバイトに引っかかってしまうんでしょうね。彼ら彼女らが真面目にこなした結果、かえって状況は悪化しているわけです。雇う側もごまかせてしまっていて、膿だしの機会を失ってしまっています。

要はアルバイトであれば言われたことこなすのが一番適切なわけです。それで不満なら雇う側が報酬上げて人を厳選したり、正社員のみにすればよいわけです。介護業界でもそうなんですがブラック労働OKで文句言わない奴隷なんてそうそういませんよ?正当な報酬を出して職場での意味不明な人格否定がなければ人は集まります。

 

・チップとか

よって、真面目で良いサービスを生み出すバイト店員の報酬が不足しています。同時に、客側もよい店員に当たれば一種フリーライドができてしまう状況にあります。

具体的には、客側が相応以上のサービスを実施したバイトの店員に直接報酬をフィードバックする手法が限られています。現状ではアンケートや投票などがあるでしょうが、間接的過ぎて報酬としては弱いでしょう。

直接的に店員にフィードバックできるチップなどの形式がもう少し浸透するとよいと感じますね。金額設定は難しいでしょうがね。ただ、格式高い店舗で相応のサービスを披露してくださる方よりも、劣悪なバイト環境にも関わらず限られた資源を振り絞って提供してくれる真面目な方に何らかの形で還元したいという思いの方が強いです。

 

・まとめ

世間には右肩下がりの重い空気がどうしてもあり、余裕の奪い合いが起こっているといえます。そんな中、無条件に出せる資源を提供してくれる方には好感が持てますし、報われてほしいという思いがあります。

一方で、報いを与えるどころか踏みにじり、至上のサービスを要求する邪神や貧乏神には個人的にはなりたくないですね。

そう考えるとサービスをアルバイト店員に期待するのが酷になる大衆居酒屋って何なんでしょうね。価値効用の上ではなぜ飲み会があそこまで人気なのか理解できませんね。