炭火のような生き方

生き方に悩む人のためのブログ

趣味は邪魔者を排除できるフィルター

headlines.yahoo.co.jp

こんにちは。比較的多趣味の火力不足です。

  

自慢できる趣味や役に立つ趣味でないと…といった趣旨の記事のようですが、はっきり言います。「あほらしい」の一言です。周りの方と協調するのは良いことですが、同調圧力に従うのは全く持って不要です。

 

本日は以下、その理由を説明確認することを目的とします。

 

 

目次

・就活の趣味

・婚活の趣味

・好きでやっていること

・まとめ

 

・就活の趣味

盛るべき理由がありません。なぜなら、会話の糸口として簡単に尋ねるか、入社後利用できる技能として搾取されるかのどちらかになるからです。盛ったところで人生を左右するレベルの事柄に趣味はなりえません。冷静に考えて、趣味で合否を決めるというのは、面接官側が見る目がないと自白することに等しいです。趣味に共感できる人だけ通すというすさまじい差別が存在することになりますからね。勿論、趣味という好きなことの魅力をどれだけ他人に伝えられるのかという側面を見られる可能性もあり得ますが、それは趣味の問題というよりプレゼン能力の一種でしょう。

よって、趣味について尋ねるのは、会話に入りやすくするための簡単なウォーミングアップに過ぎないでしょう。むしろ初対面に近い自分の趣味・好きなことを否定してくる企業で働きたいですか?私はノーですね。また、面接官側からしても初対面でいきなり自分を盛って、明らかによく見せようとしてくる相手は好ましくないでしょう。

また、高尚な趣味を書いてしまうと、ただ働きを求められるケースがあります。例えば、調理が趣味であると、何らかの形で集まった際調理を押し付けられ、失敗するとボロクソに言われるということがあり得ます。私自身は、動画編集ができることを言ってしまったため、異動の際の思い出として、スライドショーの作成を半ば強制的に無償でやらされたことがありますね。

つまり、高水準の仕事をボランティアで求められてしまうので、盛ってしまうと取り返しがつきません。適材適所の名の下、利用しつくされるだけなので、趣味を盛っても仕方がありません。盛ったことに少し疑念を持たれるだけです。

よって、盛ることで互いに損しかないと断言できます。

 

・婚活の趣味

こちらも盛るべき理由がありません。信頼と誠実さが必要な場面で開幕で嘘をかましてくる人間が信頼できるわけないでしょう。どうでもよいことで自分に得になる嘘をつく人間は必ず重要な場面でも自分に得になる嘘をつきます。そんな信頼できない人間を手元に置く神経がわかりません。自分が嘘をつかれていると知ったら激昂するような人間が多分嘘をつこうと考えるので始末に負えません。もし、相手に一時的に寄せても必ず化けの皮が剥がれます。剥がれずに貫けるならそれはそれで立派な才能ですが…。

就活とも共通しますが信頼できるマッチングこそが重要でしょう。いったんマッチングできれば終わりですか?離婚率・転職率が急上昇してもそれでもとにかく一度結びつけば満足ですか?10人中9人が結婚(就職)して、3か月たたずにそのうちの6人が離婚(転職)してもよいのですか?金をとにかく搾り取りたい人間はそれがベストでしょうけどね。

 

・好きでやっていること

趣味というのは好きでやっていることなので、他人から言われて是正する筋合いはまずありません。それこそ目的のないネットサーフィンでもよいわけです。目的のないウィンドウショッピングとやっていることは大差ないですし、ぼんやりと眺めて何らかの知見を得られなくても本人が楽しければよいわけです。また、趣味で尊敬されたいという承認欲求の強い方はそれはそれで難しいことを趣味にしてしまえばよいわけです。英会話や登山などが該当しますかね。それも否定されるべきことではありません。基本自由です。

ただ、他者に明らかな迷惑をかける行為をはじめとした触法行為はいけませんし、R-18に該当する創作などさすがに初対面の趣味として話すには適さないものは避けた方がよいでしょうね。よっぽど親しい人にも話さないと思いますが…。

 

・まとめ

他者の評価を気にしてやる趣味は楽しいですか?趣味は自己満足の追求なので理解してもらえるものではないと思います。同時に断捨離人間のように他者の勝手な感情で止めるかどうかを決めることが許されない、徹頭徹尾自分自身のためのものといえます。そう考えると、趣味の探求もいいことだと思えますね。

趣味は自分を不幸にしうる人間を排除できるフィルターになりえます。大切になさってくださいね。