炭火のような生き方

生き方に悩む人のためのブログ

低レベルの女性蔑視しかもはや残っていないのか

news.nifty.com

こんにちは。火力不足です。

 

歌詞に女性蔑視が含まれているという記事ですが、何をいまさらですね。

記事自体が高尚なものでは決してないので、突っ込むこと自体が野暮かもしれませんが、

歌詞には男女とも取り出そうと思えば差別的な表現がたっぷり詰まっているでしょう。あるいは、歌詞に男女しか登場しないことがLGBTへの配慮を欠いているという批判もできるかもしれませんね。

はっきり言ってこんな低次元のことを女性蔑視と呼んでいては本当に根深い女性蔑視に苦しんでいる方に失礼でしょう。それとも、もはやこの程度の女性蔑視しか日本には残っていないのでしょうか?

 

本日は、この記事の問題点を指摘し、女性蔑視について考えることを目的とします。

 

続きを読む

アルバイトに高いレベルを求めてもよいか

こんにちは。火力不足です。

 

ブラックバイトという言葉が巷でも聞かれるように、正社員だけでなく今はアルバイトでも割に合わない労働を求められたり、責任感という言葉の元搾取されてしまうという事例が見られるようになりました。もらえるものが一向に増えない中、奉仕だけを求められ、時に契約条項の一方的な変更さえも迫られてしまう現状は、働くこと自体の中身がどんどん悪質になっているといえます。

そもそも、契約期間の限られたアルバイトが業務の成否を握るような状況に陥る時点で何もかもおかしいはずなんですがね…。雇う側はアルバイトに依存している状況は怖くないのでしょうか?何かあれば脅せば解決すると考えている人種も一定数いそうです。

勿論そんなことはありません。以下の記事の通りです。

参考 http://www.check-roudou.mhlw.go.jp/parttime/ 

 

さて、世間一般に広くアルバイトがある中で、最も多く目にするのは飲食店であると考えます。勿論世の中にはそうした店舗は幅広い値段設定があり、客としての目線を考えれば高い金銭を払っているほどそれ相応のサービスは期待したくなります。しかし一方で、アルバイト相手にそこまで求めるのは是かという考え方もあります。

 

そこで、本日は、客側とアルバイト側の折衷案について考えることを目的とします。

 

続きを読む

女性のマルチエンディング性の弊害

news.nicovideo.jp

こんにちは。火力不足です。

 

男女間の不信感を助長させたいのか、最近男女を二項対立にして不満を煽る記事が増えているように感じます。閲覧数稼げるのも特徴ですしね。また、この世は原則男と女しかいないので自分自身が該当することに関心がわきやすい以上、ヒトの目を集めやすいという要因もあるでしょう。

例えば、高齢の男性が女性の育児に関する情報に関心を寄せるケースはあまりないでしょうし、若い女性が盆栽などの高齢男性の趣味に関する情報に興味を持つことはあまりないでしょう。

 

しかし、例によって調査が雑で、結論ありきで語られており、そりゃそうなるだろうとしか言えない記事となっております。

本日は、調査としての質を批判するとともに、こうした対立が起こる理由について記すことを目的とします。

 

続きを読む

日本人が休めない理由

こんにちは。休息好きの火力不足です。

 

機械でもメンテナンスということで休ませるのに、どうして人は休ませなくてよいという考えが蔓延しているのでしょうか?精神力を絶対視して理不尽に育てられた結果、理不尽を断ち切ることができていないからなのでしょうね。

 

夏休みを削って勉強しても、大きな成長はないと断言できます。なぜなら、本人の世界は広がりませんし、いつもの環境にはそんな大人はいないからです。

 

本日は、どうしてここまで日本人が休めない雰囲気になってしまうのかを考えることを目的とします。

 

続きを読む

二倍で評価されることの魅力

news.careerconnection.jp

www.footballchannel.jp

 

 

 

こんにちは。火力不足です。

 

欧州サッカーは移籍の時期で、選手が続々と新天地への移籍を起こしたり、周囲も騒がしくなっています。

 

その中で、どうしても切っても切り離せない永遠の問題が、情とステップアップとカネの3項関係です。特に、カネについてはあまり良い評価はされません。例えば、中国サッカーへの移籍は終わった選手がするものなどと揶揄されており、こうしたことを公言する現役選手もいます。こうしたケースはサッカーにとどまらず、労働環境においてもより良い待遇を求めた転職というのは近年活性化しています。

 

しかしながら、カネをとることはそんなに悪といえるのでしょうか。カネ自体が自分自身を幸運にしてくれることはないとしても、不幸を避けるためにはカネは重要です。亡者であってもいけないとは思いますが、生きていくうえでは不可欠でしょう。人生の判断基準としてカネは正当だと考えます。

 

本日は、カネを判断基準とすることの正当性を記述することを目的とします。

続きを読む

風間サッカーは個人戦術

 

こんにちは。元名古屋サポの火力不足です。

 

昨日ロアッソ熊本を相手に1-0で勝ちました。内容の良さはともかく、改めて勝ちが一番の薬であることを再確認しました。

 

しかしながら、内容は一向に向上しておらず、5点をとるどころか慣れない守備で一点を守り切るという、よく言えば現実的な、悪く言えば場当たり的な方法での勝利であり、正直なところ相手に助けられたことは否定できません。

 

そこで、「時間がかかる」といわれた風間サッカーの利点と問題点を確認することを目的とします。

 

目次

・利点

・「時間がかかる」のウソ

・技術とは?

・まとめ

 

・利点

まず、見ている人は楽しいらしいです。らしい、というのは私自身はそう思わないですが、魅力的という言葉がよく使用されることからも、長所といえそうです。確かに、観客というのは手に汗握る接戦か、一方的な虐殺を好むという研究があるそうです。申し訳ありませんがソースはありません。何となくイメージしやすいと思います。究極的なポゼッションはボールを触れない相手をイライラさせ、そんな弱者を遊び倒す娯楽であり、まさに虐殺です。日本でポゼッションというか、ボールを足元に置いておくことがここまで是とされるのは個人的には不思議です。日本がワールドカップで健闘するのは守備から入った場合が多いので特にですね。

また、ボールが足元にあることで、自分たちのタイミングで仕掛けることができるのは大きな利点です。相手に振り回されるのは疲弊しますからね。ただし、失った時のリスクを勘案しないと痛い目を見ます。

そもそもサッカーはボールを持っている場面とそうでない場面が転々と変わるスポーツなので、ポゼッションかカウンターかという二項対立はあまり意味がないと思うんですがね。この区分も昔の遺物かなと思います。

 

・「時間がかかる」のウソ

戦術の浸透に時間がかかるのなら、新加入選手がいきなりスタメンを張って90分フル出場することはおかしいです。特に、プロ選手なら圧倒的な実力があれば稀にあり得るかもしれませんが、プロデビューの大学生がいきなり戦術を理解して90分…というのはあり得ません。時間をかけてゆっくり戦術を覚えていくことになるはずなのに、なぜか古参の選手を追い抜いて出ているわけです。この時点で、「時間がかかる」はウソと断言できます。「(決めごとや組織としての動きが仕込まれないから選手同士で呼吸を理解して連動して相手を崩すのに)時間がかかる」が妥当なのかなと思いますね。選手同士の理解だと30年前のサッカーになるので、そこにルールを与えて、連動を早め、質を向上させるとか信条に矛盾しない範囲でやれることはあると思いますが、一向にそんな気配はございません。

それって本当に必要な時間なんでしょうか?コンピュータでできることを手書きでしている時代錯誤感が…。

 

・技術とは?

止めて蹴ることは大切な技術ですし、そうした場面がサッカーにおいて多くなるのであれば練習すればするほど有用だといえます。しかし、止めて蹴るだけがサッカーのすべてではありません。足元にボールがない時はその技術は残念ながら役に立ちません。逆に、足元にない時は守備の身体の向きや相手への当て方、ファールにならない上手なスライディングや危険なエリアを予想して封鎖する能力などが重要になります。これらは技術ではないのでしょうか?私はこれらもれっきとした技術であり、技術に貴賤なしと考えます。また、ボールが足元にある場合でも、止めて蹴ることと同じくらい、どこでボールを受けるかというポジショニングや、どうやってボールを扱いやすい姿勢になって相手を外すかというターン、身体や目線を使って相手を欺くドリブル、おとりの動きを混ぜて相手を迷わせるフリーランニングなど重要なことはたくさんあると考えます。

止めて蹴る以外が伝授されているようには残念ながら見えませんね。相手への敬意がなく、セットプレーの対策を怠るのも「技術」の不足と断じます。

 

・まとめ

止めて蹴る以外の技術が足りていない結果、攻守ともに良い形を再現し、得点を量産できていないのだと思います。一番足りていないのは「仕込む技術」なのかもしれませんね。モチベーターとしては優秀なのでしょうか?

個人で殴るサッカーなら殴り方が変わっただけで殴っている事実は昨年と何も変わっていないんですけど。

 

以前の記事

 

karyokuhusoku.hatenablog.com

 

 

karyokuhusoku.hatenablog.com

 

趣味が暴く他者の人間性

こんにちは。多趣味の火力不足です。

 

先日、趣味の有用性について記事にしましたが、その中で「自分を不幸にしうる人間を排除できる」点が最も優れていると書きました。

 

 

karyokuhusoku.hatenablog.com

 

しかしながら、具体的にどう排除できるかという記述が欠けていたので、本日はその点を記述することを目的とします。

 

続きを読む